歌詞GETニュース

The Sketchbook

デビュー2周年、The Sketchbookのワンマンライブをレポート

The Sketchbook

多田宏(Vo&B)、小原莉子(G)、渡邊悠(Dr)からなる3ピースバンド“The Sketchbook”のワンマンライブ“The Sketchbook the 2nd anniversary up to you”が、2013年9月28日(土)SHIBUYA-AXにて開催された。


そこで今回は、この日デビュー2周年を迎えたThe Sketchbookを観るために、1,200人のファンが詰めかけたという同ライブのレポートおよびメンバーのコメントをお届けする。また、現在YouTubeでは、9月25日にリリースされたばかりの両A面シングル「明日へ/Exit」より、「明日へ」のMV(http://www.youtube.com/watch?v=-OYTkcBlVng)が公開中。気になる人はこちらのチェックもお忘れなく。

--------------------------------------------------------

■The Sketchbook the 2nd anniversary up to you

主催:エイベックス・エンタテインメント株式会社
開催日時:2013.9.28(土)
会場:SHIBUYA-AX
時間:開場16:00/開演17:00
出演者:The Sketchbook(多田 宏、小原莉子、渡邊 悠)
来場者数:1,200人

会場が暗転し緊張感が高まる中、ドラムの爆音と共にステージを隠していた幕が落ち、The Sketchbookが登場。オープニングナンバー「Message」で場内がサイリウムの光に包まれると、立て続けに「Funny Bunny」「スプリット・ミルク」を熱唱し場内の熱気は高まった。

ボーカル&ベースの多田は「The Sketchbook the 2nd anniversary up to you に来て頂いてありがとう!今日はこの空間を世界で一番の空間にしましょう!!」と意気込みを語り、勢いそのままに「クラック」「やまない声」「ウォーターカラー」「フラッシュバック」「僕にできること」、さらに9月25日に発売した8枚目のシングル「明日へ/Exit」から「Exit」を歌唱。場内は最新曲に大盛り上がりになった。

「Exit」を歌い終わり、車掌に扮したドラムの渡邊が登場。「スケブトレイン発射します」と車掌の物真似をしながら勝手に話を進める渡邊に、多田から鋭いツッコミが飛ぶ。「(被ってるのは)お父さんのサンバイザーです」と会場を笑わせつつも、今回のライブを開催するまでのプロジェクトがスケブトレインだから車掌になったと弁明。スケブトレインには、

自分達で営業活動を行う【セルフプロモーション】。
各イベントでお客さんの笑顔をカメラにおさまる【力を一つに】。
そして、2013年 AX LIVE決定に伴いステージング強化の為、さらには多くの人に音楽を届けたいと思いから本日のライブまでに100本ライブを行う【100本ステージ】。

という3つのプロジェクトがあり、100本ステージについては今回で155本目と発表。スケジュール的にも体力的にも簡単な事ではない100本を遥かに越える数字に、場内は喝采でメンバーを称えた。

路上ライブも行ってきたThe Sketchbook。バンドスタイルから1曲だけアコースティックバージョンで演奏すると語り「キヲク -unplugged-」を披露。The Sketchbookの中でも人気の高いバラード曲とあって、ファンも静かに聴きこんでいた。

渡邊によるドラムのソロパフォーマンス後、多田、小原も合流し「シークレット」「21」「Mirror」「Image」を、そして「自分の弱さを見つめて強くなっていこうよというメッセージが多かったThe Sketchbookが、デビュー2年を迎え、成長してきたメンバー、ファンのみんなに今度は自分に自信を持って前に進もうとメッセージを込めた」という「明日へ」を披露。

終盤戦に入っても会場の盛り上がりは衰えず、「Runway」から、全員でタオルを振り回す「シグナル」、手拍子を一斉に行う「traveler」、天井から風船が落ちてきて風船を飛ばす「ドロップ」、「REFLECT」など大興奮のステージを展開。多田は「こんなにたくさんいるのに、皆の顔がよく見えます。あの子、地方から来てくれたんだなとか本当に来てくれてありがとう」と再び感謝した。

最後の曲は、The Sketchbookが2年間で一番大事で特別な歌と話す「over the station」。客席からの歌声を聴いた多田は「本当に幸せ者です」と感動している様子だった。「over the station」を歌い終わり、深々とお辞儀をしてThe Sketchbookのメンバーがステージから降りると、会場からはアンコールの手拍子と「SKB」の大合唱が鳴り響く。

アンコールではステージ中央にケーキが用意され、対応に困るメンバーに会場からは「顔」と叫び声が飛び交う。メンバー全員がそれに応えてケーキに顔を埋もれさせると会場は笑いに包まれた。ケーキを顔から落とした後、The Sketchbookからは2つの重大発表が。1つ目は9月28日からギネス記録に挑戦するというもので、文房具のスケッチブックに皆からメッセージを集めて世界一を狙おうというプロジェクト。2つ目には、来年9月28日にもワンマンライブを行う事が発表された。

歌に移る前には、メンバー1人1人が2周年についてコメントし、3人が涙ぐむ場面も。そして最後には人気曲「道」を熱唱し、The Sketchbook the 2nd anniversary up to youは大盛況のうちに幕を閉じた。


<メンバーコメント>

●多田 宏
今日ほど、音楽をやっていて幸せだった事はありません。
デビューしてきてほぼ毎日3人でいて2人のつらい時期も見てたし、僕のつらい時期もあって・・・
でも不思議なものでオーディションで知らない3人が集まったのに本当に最高のメンバーで、まずはメンバーにありがとうと言いたいです。
そして、今だからこそ言えるけど僕が歌うのを怖くなった時期があって、その時にライブ中、例え声が出なくても 皆は笑顔で僕を支えてくれました。
本当にありがとうございます。これからも応援宜しくお願いします。

●小原莉子
前回のワンマンがWWWという400人規模の所でやらせてもらえて、今回はAXでやらせてもらって、純粋にこんな所でライブできて本当に幸せです。
ライブをやって、一時期お客さんが来てくれるのが当たり前と思ってしまった時期もあってでもその気持ちに気づきに反省して。
ライブをして笑顔をくれる皆に感謝です。
これからも皆を引っ張っていけるバンドになりますのでついてきて下さい。

●渡邊 悠
The Sketchbookに入る前にもバンドをやっていて、本当に音楽が好きでした。
前のバンドでもデビューしようと頑張ってましたが、実際、人からお金をもらって来てもらうのってすごい事だと思います。本当に感謝です。
その他にもライブをするのに本当にたくさんの人が動いてくれています。すごい感謝です。、
自分の夢だった。AXに自分のバンドで僕がドラムで立てた事は本当に嬉しかったです。
今日は来てくれてありがとう。


<セットリスト>

1 Message
2 Funny Bunny
3 スプリット・ミルク
4 クラック
5 やまない声
6 ウォーターカラー
7 フラッシュバック
8 僕にできること
9 Exit
10 キヲク -unplugged-
11 Dr solo
12 シークレット
13 21
14 Mirror
15 Image
16 明日へ
17 Runway
18 シグナル
19 traveler
20 ドロップ
21 REFLECT
22 over the station

ENCORE
23 道


<スケブトレインとは>

現状に妥協するのも新たな未来を切り開くのも全ては“up to you”----自分次第。
しかし多くの人が、一人では一歩を踏み出す勇気が出ずに、葛藤しながらくすぶっている。
そんな人たちに未来を切り開く勇気を与えるため、The Sketchbookが車掌となってスケブトレインは仲間達と一緒に未来に向かって力強く走り続けます。

駅とは、老若男女様々な人々がそれぞれの想いを抱えながら目的地に向けて出発する場所でありまた帰ってきた時に温かい気持ちになれるホームのような場所である。今回のライブ会場である渋谷AXをそんな一つの駅に例え、TheSketchbookが運行するスケブトレインをお客様の笑顔に勇気付けられながらAXという一つの目標地点を通過し更にその先の夢に向けて出発させます。

----

2013.9.25 ON SALE

The Sketchbook「明日へ/Exit」

<CD>
01. 明日へ
02. Exit
03. 明日へ(Instrumental)
04. Exit(Instrumental)

<DVD>
01. 明日へ -Music Video-
02. 明日へ -Off Shot Movie-

・CD+DVD
品番:AVCA-62925
価格:1,890円(税込)

・CD
品番:AVCA-62926
価格:1,260円(税込)


関連リンク:

The Sketchbook オフィシャルサイト
⇒http://thesketchbook.jp/

記事提供元: OKMusic

このアーティストの歌詞を検索する

人気歌詞ランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加