歌詞GETニュース

坂本冬美

坂本冬美×宮沢和史×さくらももこ、異色のコラボ・ユニット結成

坂本冬美

1987年のデビュー以来、演歌を中心に、ロック、J-POPと幅広い音楽活動を続けている坂本冬美が、シンガーソングライターの宮沢和史(THE BOOM、GANGA ZUMBA)と、「ちびまる子ちゃん」の原作者・さくらももこ と異色のコラボ・ユニット“坂本冬美 with M2 (エムツー)”を結成。2月20日に「花はただ咲く」でCDデビューすることが決定した。

今回のコラボレーションは、昨年8月にさくらももこから、「曲が出来上がったときに、これは冬美さんに歌ってほしいと思った」とのメッセージが綴られた手紙と歌のデモが入ったCDを受け取ったことから始まった。デモ音源を聴いた坂本冬美は「とても良い歌」と感動したという。
そして、初対面となった12月中旬のレコードィングの際に「せっかくなので一緒に歌いましょう」という坂本冬美の提案から、宮沢和史と共にさくらももこ本人もコーラス参加。期せずして、さくらももこ“歌手デビュー”という事にもなった。

ユニット名は「宮沢」「ももこ」の頭文字をとって「坂本冬美 with M2」と、さくらももこが命名。漫画家としてだけでなく、作詞家、脚本家、翻訳家など幅広い活動をしている彼女だが、今作ではCDジャケットのデザイン、坂本冬美の衣装となる着物のデザインも手掛けた。
CDリリースに向けては、「宮沢さんと冬美ちゃんに出逢えて、本当にすばらしい歌が誕生しました。とてもうれしいです。この歌が多くの皆様に届いて、温かい気持ちになっていただける事を願っています」とコメントしている。

また、1991年に細野晴臣、忌野清志郎と共に結成した伝説のユニット「HIS」以来22年振りのユニット結成となった坂本冬美は、「さくらさんと宮沢さんに、素敵な歌をプレゼントして頂きました。様々な方の心に響くよう、明るく楽しく歌わせて頂きます」と意気込む。

そんな3人それぞれの個性がぶつかり合い生み出された「花はただ咲く」は、CDリリースに先駆けた1月7日より、読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」のエンディングテーマとしてオンエアされている。


【リリース情報】
2013年2月20日(水)発売
坂本冬美 with M2(エムツー)「花はただ咲く」
作詞:さくらももこ 作曲:宮沢和史 編曲:萩田光雄
CD TOCT-40464 カセットTOST-40464
各¥1,200(税込)

<タイアップ>
読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」エンディングテーマ

記事提供元: OKMusic

このアーティストの歌詞を検索する

人気歌詞ランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加