風待

アーティスト浅岡雄也
作詞浅岡雄也, Karin
作曲浅岡雄也
波のない 凪のような日々は時にもどかしく
君との未来を 僕は 足踏みしてる

もう「他人」とは呼べないほど 「ふたり・ひとつ」だね
だからいま 見えなくなってるんだね 確かな行き先を...

風を待ってる昼下がり 葉桜坂を一人
出逢った場所へと....
君の髪香り 僕は夢語り 笑っていた

遠ざかってた あの頃の 「愛のちょっと一歩前」が
よみがえる夕暮れ
ちっぽけな僕の世界を動かしてるのは
君の風だよ

高台から街見下ろせば 君を捜してる
想いの深さ気付いて 苦笑いした

その時 息を切らして 坂道を上る君
考える事が同じなんだね 似た者同士だから

風を感じた星の下 寒いベンチ離れずに
黄昏を見てた....
大切な事は 言葉にしないと 届かないね

独りぼっちで 泣かないように 愛を分け合うのだろう
伝わる温もりで...
日々共に過ごせるよう 明日から僕も
風を送ろう

二人の足跡 振り返り見れば 曲がって
不揃いでも構わない 僕達の歴史さ

風が舞ってる夕暮れに 葉桜坂を二人
出逢った場所から
君と歩いてく もう迷いもなく 何処まででも

風を待ってた時過ぎて やっと気付けたけれど
「愛は育むもの」
その笑顔 涙も全て
君を包み込んで.... 風になりたい

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加