キミ、死ニ給フコト勿レ

アーティストUNDER THE COUNTER
作詞関谷謙太郎
作曲大隅知宇
キミは無理にいつも頷いて
青いドーナツを頬張る
メロンソーダで流し込んだ
現実は日々を蝕む

絹い身体の奥で

夢の中 夜九時のドラマ
痩せた男とキミがいた
「愛される資格なんてない」と
次回予告で呟いた

キミはどこで震えてるてる?

あきらめてもいいから
誓わなくてもいいから
僕のこんな言葉も
信じたりしなくていいから
現在を認めてくれないか

キミの部屋いつも片忖いて
寸分の狂いさえない
やり場なくギュッと押し込んだ
真実は日毎かさばる

クローゼットの奥の方で

笑わなくていいから
裏切ったっていいから
僕の前でその場を
演じたりしなくていいから
ほんとを見せてくれないか

どうか僕たちのココロの中にある闇を捨てないで
光は影の中 ふたつは いつだって手を繋ぎながらゆく

わからなくていいから
わかちあうことはないから
明日の朝にすべてが嘘になったっていい

全部あきらめてもいいから
誓わなくてもいいから
僕のこんな言葉も
信じたりしなくていいから
現在を認めてくれないか

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加