十六夜

アーティストparis match
作詞TAI FURUSAWA
作曲YOSUKE SUGIYAMA
サテン纏う 素肌に伝う 十六夜に甘やかに
気まぐれだった 心がいつしか 一つのこだわりを覚えていく
贅沢な ハーブより 私の夜をそっと潤した媚薬

美しく酔いしれていたい どうぞ私に触れて
なめらかに うたたかのように 昼を欺く月光
消える前に

その瞳を 静けさの中 濡れた吐息が濡らす
意味ありげな 視線はいつしか 十六夜の裏へと続いていく
穏やかな胸騒ぎ 微熱帯びてく私を潤す媚薬

夢のように 酔いしれていたい どうぞ私に触れて
穏やかに また しとやかに 水面に浮かぶ月光
揺れる頃に

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加