標識の見方

アーティスト突然段ボール
作詞蔦木栄一
作曲蔦木俊二
彼奴は本物の役立たず、ビジョン、向上心、希望、展望、一切なし。
アクシデント恐れて、こそこそするだけ、だけど彼奴は、
一欠片の責任も、一片の役割も担わない事の
至上の価値を知ってる。

私が彼奴に いつも言っていたのは
「やっちまえ! やっちまえ! やっちまえ! やっちまえ!」

*repeat

いつの間にか、彼奴は消えた、彼奴は消えた
私は彼奴の意思を継ぐ
それしか残ってなかった。

私は本物の役立たず、ビジョン、向上心、希望、展望、一切なし。
アクシデント恐れて閉じこもっているだけ、だけど私は
一欠片の責任も、一片の役割も担わない事の
至上の価値を知ってる。

私は本物の役立たず 私は本物の役立たず。

*repeat

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加