リビングの象

アーティストwooderd chiarie
作詞TatsumaUramura
作曲wooderdchiarie
かなしいうたがあって
知らずにものうく泣いた
魂 疑って
消えずにただ薄らいだ

喪失の向こうに

一面 野に咲いた花のように
永遠の時間にひろげる羽のように
ひだまりに似た日々に
深くコミットしていった

ひだまり

絵に描いた その果て

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加