アーティスト大河元気
作詞大河元気, 野口圭
作曲後藤冬樹
夜の中央線 誰も一人きり
窓に映る横顔には あの日が遠く見える
君は小さな手で 心の弱い場所
優しく包んで泣いてくれた 一人じゃないと知った

その手をとり 歩き出した
離れるはずもないぬくもりと

遠く遠く 歩いてゆく
誰も一人 自分の道を
そっと背中押してくれた
君の言葉 抱きしめてゆく

ずっと走ってた 君が見えないほど
弱い自分から逃げてても どこへも行けないのに

踵の音 やけに響く
駅のホーム 一人で立ち尽くす

君のことを 探し求め
"戻らない"とわかっていても
いつかもし 巡り会えたら
隣でまた 微笑んでほしい

遠く遠く 歩いてゆく
僕は一人 歩き続ける
いつの日か 辿り着けたら
君にやっと 胸を張れるから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加