水風船

アーティストKra
作詞景夕
作曲
恋しくて泣き止んだ空のかわりに涙一つ零した
あれ以上ない恋の形に後ろ髪をひかれたままで

蝉時雨の日の恋の想い ともに結んだ糸を解いた

あぁ涙、涙、溢れてきた 悲しみ喜び入り混じった思い出が
溢れて流れて消えていく気がしたんだ

恋時雨うつろな空に何を思って待ち続けてた

ヒグラシは秋をつれてくる物悲しさを鳴き声にのせて

あぁ涙、涙、溢れてきた 花火の季節が終わる頃
会いたい気持ちが膨らんで弾けた水風船

さよならがむなしく響いて そんな自分に笑って
もう大丈夫だと言い聞かせてる事に気付く

あぁ涙、涙、溢れてきた 花火の季節が終わる頃
会いたい気持ちが膨らんで弾けた水風船

あぁ涙、涙、溢れてきた 悲しみ喜び入り混じった思い出が
溢れて流れて消えていく気がしたんだ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加