Pity on the boulevard

アーティストGRAPEVINE
作詞田中和将
作曲GRAPEVINE
尖った陽射しが
焦がした胸が
停まったままの ブールバードの上

遠くで呼んでる
まだそう思ってる
もう一度味わう痛み持て余してる
手遅れなのに
かまわずに ためらわずに

尖った陽射しが
止まったままの

手を振って呼んでる
きみを連れていく
どうしたって時は来る
そう言い張ってる

手遅れなのに
わかっているのに
かまわずに
ためらわずに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加