薄暮の街

アーティスト矢野真紀
作詞寺岡呼人
作曲寺岡呼人
陽が沈む坂道、スモッグに煙る街
大好きなこの場所へ 遠い昔よく来た

あの頃の私へ息を切らしながら もう一度駆けてゆく 今すぐ

黄昏れてゆく空、目に映る景色が 生まれ変わったみたいに輝いてる
この街に生まれて この風に包まれ 私は生きてきたの

忘れたい悲しみが ここへと運んだの?
懐かしい匂いが 訳もなく切ないの

変わってゆく私をどうか見守ってて とまどいも弱さも照らして

オレンジに塗られた 屋根や川や道が 語りかけてくれるように輝いてる
この小さな世界が夜へと向かう頃 痛みも消えていくよ

黄昏れてゆく空、目に映る景色が 生まれ変わったみたいに輝いてる
この街に生まれて この風に包まれ 私は生きていくよ
これからもずっと・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加