地上の光

アーティスト矢野真紀
作詞矢野真紀
作曲矢野真紀
馬鹿みたいにひたすらに
よそ見もせずひたすらに
無いツバを飲み込んで
重い扉を開けた・・・
いつの間に迷い込んだ
マンホールの中は真っ暗
くねくねと手探りで
進んでは転んだ・・・

すれ違いざまネズミが金のごちそうちらつかせる
君はじっと見ててね、私の勇敢さを

地上の光が洩れ出す頃に顔を上げて
気持ち良く叫ぶ 声のする方へ走り出す
いつかの涙など何処かへ行っちゃうのさ

先はいつも見えそうで見えない
それでいい、それがいい
よく似た入り口いくつもあった
でもこの道じゃなきゃやだった

闇が身体を湿らす・・今はとても寒いけど
君はきっと見ててね、私が笑うところ

地上の光が洩れ出す頃に顔を上げて
気持ち良く叫ぶ 思わぬ花にもめぐり会う
いつかの傷など もうただの・・ほら、かさぶたさ

馬鹿みたいにひたすらに・・・
よそ見もせずひたすらに・・・

地上の光が洩れ出す頃に顔を上げて
気持ち良く叫ぶ 声のする方へ走り出す
いつかの涙など何処かへ行っちゃうのさ・・・
君はじっと見ててね、私をずっと 見ててね

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加