梟 (ドナドナ版)

アーティストPlastic Tree
作詞有村竜太朗
作曲有村竜太朗, 長谷川正
これは多分、恋愛療法。
副作用はいまだ抜けず、
歌にしてみたら5分くらいの麻酔がかかった。
君とじゃないロづけをした。横目で見ていた小さな月。
いちばん遠いもの、ただ想う。

恋煩い。胸に残った君の声、忘れ物です。
眠れない僕の夜はどこつながるんだろ?
星のない夜空ヘメール、エレクトリックな魔法送って、

青醒めて影。色違いは圏外。出会えるのなら、まほろば――――。

ざわめく胸を羽ばたいた。光を忘れながら。
暗闇。君に触れそうな夢みせてよ、梟。
泣いてる片目閉ざした。
記憶の舞台裏でこぼれた涙支払って未来を覗いたら、
恋しくて、愛しくて、切なくて、苦しくて、悲しくって、
見えなくてまばたきをした瞬間、いま刹那スローモーション――――。
逢いたくて、逢えなくて、追いかけて触れてみたその花は、
ずぶ濡れて、幻。

恋焦がれ、不意に笑った。
ひとりよがり。壊れた船。
沈んだら、僕も夜とおんなじ温度になった。
訂正の文字だらけで言葉のロジックは解けないままだ。

さかしまな想い。うずまく心模様。巡り逢えれば微睡み――――。

軋めく胸が哭き出して、こゝろが壊れるから、
暗闇。君をつれさった夢映して、梟。
いびつに瞼おろして記憶を閉じ込めたら、
散らばる羽根の残像がいくつも宙を舞う。
キスをして、キズつけて、絡まって、重なって、堕ちていって、
永遠を過ぎてってその瞬間、いま刹那アイソレーション――――。
何処までも何処へでも君を想い、散らかしたこの花も、
泣き濡れて、陽炎。

最終形の感情論で君に伝えたい事があります。
僕らはみんな誰かよりもちょっとだけ幸せになりたいの。
記憶が息を引き取ってってなくなってく愛の実感が、
いまや消滅してるあの星の光にもよく似ていて心細く、
送らないメールを書いた儀式も今日を最後に止めにします。
―――で、僕、君、知らなくなる。

「フラ フラ 歩いたら ユラ ユラ 揺らめいて
―――キラ キミ 煌めいてさ」

ざわめく胸を羽ばたいた。光を忘れながら。
暗闇。君に触れそうな夢みせてよ、梟。
泣いてる片目閉ざした。
記憶の舞台裏に散らばる羽根の残像が、いくつも宙を舞う。
さざめく胸を飛び立った。光を隠しながら。
何度も夜、横切って未来を探してる。
恋しくて、愛しくて、切なくて、苦しくって、、悲しくって
見えなくてまばたきをした瞬間、いま刹那スローモーション――――。
逢いたくて、逢えなくて、迫いかけて触れていたあの君が、
ずぶ濡れて、幻。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加