真昼の月

アーティストいきものがかり
作詞山下穂尊
作曲山下穂尊
真昼の月の光を浴びても 言の葉の如く消えてく幻
伝う涙は今宵も綺麗で とめどなく溢れては消える調べ

想い馳せて焦がる人 君ぞそれを願えど待ち人
巡る四季の中誰を恋ふて 一人夕凪に指を這わす

黄昏の風吹き止まぬよう 瞼の裏側に祈りをして
一抹の夢に身を委ね 白々光る

真昼の月の光を浴びても 言の葉の如く消えてく幻
伝う涙は今宵も綺麗で とめどなく溢れては消える調べ

燃ゆる花のひらにとて やがてそれも朽ち果てる定め
霞む君の手よいつぞ消えて かくも虚し気にまた時間を食む

数多の光色褪せぬよう 揺蕩う星々をはた見上げて
永遠の夢を胸に綴じ 静かに浮かぶ

滾る生命の岸辺を渡れど 君に辿り着かずしては眼醒める
放つ願いは今宵も綺麗で 届かずとも溢れる淡き調べ

真昼の月の光を浴びても 言の葉の如く消えてく幻
伝う涙は今宵も綺麗で とめどなく溢れては消える調べ とめどなく溢れては消える調べ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加