高山の女

アーティスト大川栄策
作詞仁井谷俊也
作曲大沢浄ニ
浅葱色した 紬が似合う
どこか寂しい ひとだった
あなたの胸で 死ねたらいいと
泣いてすがった 細い指
おまえに逢いたい 高山の女

妻と呼ばれる 暮らしが欲しい
酔って甘えた 夜もある
長い黒髪 解いて燃えた
遠いあの夜の 恋花火
今でもひとりか 高山の女

暖簾くぐって 地酒に酔えば
何故か空似の ひとばかり
やさしい笑顔 小さな肩を
抱いてやりたい もう一度
おまえに逢いたい 高山の女

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加