ame ~rain song~

アーティストSPANK PAGE
作詞仲手川裕介
作曲仲手川裕介
流れる風を 眺めていたら
なぜかいつもより 君を思い出す
そっとみだれてく 昼の青い空
やがてこの街を 優しく癒すだろう

広い空から舞い落ちる
無数の雨が僕を打つ
気づかぬほどにやわらかく
僕の弱さを包む

こぼれた日差しに 手を当てると
少しだけ手のひらが 夏色に輝いた

たとえどんなに離れても
たとえ胸が張り裂けそうでも
君の笑顔がある限り
この雨は僕らをつなぐ

たとえどんなに迷っても
君の素顔を思い出し
二人をつなぐその先へ
今も僕は歩いてる
ずっと・・・ずっと

広い空から舞い落ちる
無数の雨が僕を打つ
気づかぬほどにやわらかく
僕の弱さを包む

無数の雨が
二人を包む
そっとみだれてく 昼の空

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加