寡黙の夕べ

アーティストMoran
作詞hitomi
作曲Velo
嫌気の差す程 未来を奪う癖
手錠の鍵はどこかへ隠されたまま
それならいっそ全てを閉ざして欲しい
歩かない時は 引きずればいい

芝居を打つ手は無意味で
張り上げた声にも恐れない
消えては付くあざも 消えない傷にも
この胸の中までは汚させない

錆びた鉄格子と無限の空
真似事の笑みと寡黙の夕べに
試されているのだと言い聞かせ
冷めた食事を口にする

強がる背中に悲愁は滲み出し
拒んだ花がまた部屋の隅に増える
そうして心が少しだけ痛めば
まだ人並みと思えるから

押さえつける腕は無力で
怒鳴り散らす声も届かない
いくつもの謝罪も 戻らない時間も
この胸の中までは揺るがせない

褪せた肖像画と不変の空
響く銃声と宙に舞う羽に
生かされているのだと言い聞かせ
冷めたスープも血と変える

錆びた鉄格子と無限の空
物憂げな笑みと寡黙な夕べに
愚かで弱い愛が見えなければ
食することも絶てるのに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加