アーティストLACCO TOWER
作詞松川ケイスケ
作曲LACCO TOWER
あばらの奥 心臓が瞬いてる
決して届かない 恋のせい 君のせいで
小説家でも詩人でもない
伝える術を持たないからと
彼女が髪を分ける仕草を
ただ隣で見ています

見つめられた 一秒で
苺のように赤く 変わった頬
ばれぬように 首を下に折り曲げる

ゆらり ゆらり 赤い苺は
口をつむったまま

アルミのハンガー 口に入れているような
顔を引き連れて その肩の横 あと数センチ
可能性なら 0ではないと
心のどっかで 思ってるけど
回らぬ口と頭じゃとても
言えそうにはありません

ほらチクタクチクタク 流れている
時計は目をつむり
触れ難い 横顔を
ただ隣で見ています

この歯痒い思いと 彼女ごと
連れ去ってしまおうか
胸に焼かれた 君の名を
神様消してください

見つめられた 一秒で
苺のように赤く 変わった頬
ばれぬように いっそ消えてしまおうか

ゆらり ゆらり 赤い苺は
口をつむって
ころり ころり 願うように
ただ赤く染まっている

人気歌詞ランキング


50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加