徒競走

アーティスト尾崎豊
作詞Yutaka Ozaki
作曲TOMIYO
思い込みの激しい僕にとって
唯一僕を裏切らないものが形而上の愛と信じた
彼は
自分はそれに一度も触れたことがないと嘆き
神が与えた運命とやらにこの身をゆだね
すべてに感謝し
自分自身が愛になることを祈った
だが彼の愛は
人間の習性の中でことごとく踏みにじられ
そのたび自己嫌悪に苛まれ
いったいどう振る舞うことが
正しいのかという膨大な疑問符を抱え
何度も自己否定を続けた
時には恋人の胸で甘え
時には友人と口ぐるまを合わせ
時には自分を裏切りながら

愛の名のもとに
そのたび自己嫌悪に苛まれ
いったいどう振る舞うことが
正しいのかという膨大な疑問符を抱え
何度も自己否定続けた
時には恋人の胸で甘え
時には友人と口ぐるまを合わせ
時には自分を裏切りながら
愛の名のもとに
食べては吐き出し
吐き出しては
またそれを飲み込む子馬を
思い浮かべながら朝食を取った
もうすぐ時が迎えにやってきて
彼を狂喜に満ちた街に追いやる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加