歪んだ車輪

アーティスト尾崎豊
作詞Yutaka Ozaki
作曲TOMIYO
何もかもしっくりとこない日差しの中
彼は些細なことを気に病んでいた
それが大したことか 大したことじゃないかは
他人の判断にまかせることにしよう
彼の友人はいう

"ウマクヤレヨ"

大人たちは皆 無言を当たり前にしたまま
ほんとうの答えなど もう持ちはしない

"オマエノモノハ、オレノモノ"

"世の中が俺中心に回っているんじゃないにしても"
せめて 俺はしあわせになれるかもしれないという
権利だけは主張させてもらうよ
だからさ もう
うっとうしいことをいうのはやめてくれ
俺から巻き上げるのはやめてくれ

空は果てしなく続きながら光と共に紛れ
彼をここに集めて自慢げにこういう

"罪人らよ
その罪は許されることはない
地獄へ行け
その罪は許されることはない
地獄へ行け"

"地獄へ行けというんですか・・・・・
それならもっと奪うだけ奪っとけばよかった・・・・・"

"しかたないじゃないですか
誰が悪いわけじゃないし
生も死も超越してごらんなさい
うっとうしいものなど何もなくなる"

夜明け間近の部屋の中で
生への執着だけが強く芽生えた彼は
テレビのスイッチを慌ただしくつけた

"いったい何のために生きようか"

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加