アーティスト遊助
作詞遊助
作曲UTA, MANABOON
「何度怒ってもこの子は」 ため息まじりにつぶやくママ
トントントンまないた リズムに乗せて聞いた
「お前は誰に似たんだ」 僕似の笑顔で酒飲むパパ
言っとっけど 間違いなく 二人に育てられた

学校呼び出し 親はタジタジ 僕鼻ホジホジ
ビンタくらって 頭下げて舌を出して
廊下も放課後通学路も走ってきた

幼い頃の遥か未来が来た今
ビルの背が伸びてジャングルジムの背縮んで
何壊したんだろう? 何覚えたんだろう? 夕暮れの道 俺の道

「早く帰ってきなさいよ」が「次いつ帰ってくんの?」
シワと白髪増えたあの頃の大人
「何をして遊ぶ?」が[今何してんの?]
あの頃の大人にクリソツな仲間

相変わらずな子 結婚したヤツ 孫できた人 みんなそれぞれ
自分の田舎から育った 桜 あじさい もみじ 北風 あの夕日

幼い頃の遥か未来がほら今
あの広い空き地が今ではボール遊びは禁止
何壊したんだろう? 何覚えたんだろう? ここにある街 俺の街

月日重ねて 町並みが移り変わり みんなも変わり
たまに帰る昼下がり うまい飯に「おかわり」
まがりなりに それなりに生きて
自分の得手不得手に喜んで めげて泣いてないで思い出増えて

幼い頃の遥か未来がほら今
あれから何日、何年、何十年たったとしても
この道の匂い この街の香り 俺たちの道 俺の街

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加