愛の讃歌

アーティストMAMALAID RAG
作詞田中拡邦
作曲田中拡邦
降り注ぐ午後の光のように
透き通るグラスの水のように
きみを愛そう
きみを愛そう
きみを愛そう

声をあげて笑う きみは足を胸に抱えて
今朝みた 夢の続き 思い出したら聞かせて

降り注ぐ午後の光のように
透き通るグラスの水のように
きみを愛そう
きみを愛そう
きみを愛そう

囁いた声が好きさ だから何か秘密を教えて
遠くで鳥が啼いて 時間がそっと溶け出す

降り注ぐ午後の光のように
透き通るグラスの水のように
きみを愛そう
きみを愛そう
きみを愛そう

ずっと待ち焦がれてた

降り注ぐ午後の光のように
透き通るグラスの水のように
きみを愛そう
きみを愛そう
きみを愛そう

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加