群衆

アーティスト美輪明宏
作詞A.Cabral, E.Dizeo, A.Amato
作曲A.Cabral, E.Dizeo, A.Amato
世間は春でも祭でも
私にゃなんでもないのさ
お針子暮しで空しく
ただ歳を取って行くのさ
みにくい女の私でも
今日は楽しい騒めき
祭に華やぐ街並へ
誘われ入って行った

おずおず近より
見回し 躊躇い 震えて
思わず立止まれば
私を嘲笑っているよな
踊りに狂いまわる人々
人の波が押し寄せ
私を抱きこみ
踊りの渦巻の中へ
戸惑う私の愚かな指を
誰かの手がしっかりと掴んだ

激しく抱かれて見上げれば
明るく笑った眼差し
子供のようにイタズラな
若者の甘い微笑み
見詰めるその人の瞳に
何故か胸がときめき
息も出来ない苦しさに
ただ見返すばかり

そのうち思わず微笑み
互いに抱き合い
踊りの渦の中へ
初めて知る恋の心に
妖しく乱れる紙吹雪
くるくる廻りながら
見上げる空には
バラ色の雲が輝き
生まれて初めて知る幸福よ
この思いよ 永久に 永遠に

その時いきなり押し寄せた
踊り狂った群衆
悪魔の使いのその波が
彼を奪い連れ去る
揉み合い犇く人波を
夢中でかきわけ かきわけ
捜せばまたもその波が
彼を奪い連れ去る

人の気持も知らず
騒ぎに騒いで
笑ってさざめく群集
ただ一度の恋の歓びを
与えて またそれを持ち去る
捜し疲れて一人佇む
孤独な夕日が沈みかける町
涙に霞ながら遠のく
群衆を私は憎むの

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加