走る階級

アーティストBORO
作詞BORO
作曲BORO
おやじはあの朝 アルミの弁当箱をのせて
自転車で町工場へと向かった
朝の8時になればサイレンがせかす人の暮らしを
母親は子供たちを外へ追い出した
大太郎じいちゃんが孫の夕力坊を乳母車に乗せ
ひからびた想い出を語りにくる

少女はシルクのドレスに包まれてそれは優雅なものを
光る妖精のような少女は

垣根の向こう 芝生の上で今日も走っている
でもあの娘は優雅に走る階級

ロバのパン屋は一日一度広場に来るけど
ねだればいい暮らしは知っていた
泣かすにはいられない 多くの夜を過ごして
人は人 夢を持てと教えられた
それでも毎日が楽しかったのは
あの少女のおかげ
いつも通り過ぎるだけの少女の家

ある日少女はシルバーグレーのジャガーに乗せられて
俺の前を優雅に走り去った
俺のいる階級はただがむしゃらに走る階級
でもあの娘は優雅に走る階級

ある日少女はシルバーグレーのジャガーに乗せられて
俺の前を優雅に走り去った
俺のいる階級はただがむしゃらに走る階級
でもあの娘は優雅に走る階級

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加