夏のおわり

アーティストPANG
作詞PANG
作曲PANG
肌になじむ白いシャツ
夕日に染められて
独り占めOcean view
潮風だけが聞こえてる夏のおわり

寄せては返す波に乗せた
いくつもの思い出見送りながら
人肌のコーヒー飲み干した
いつもより苦い味 また季節が過ぎて行く
穏やかに流れてく


砂の上の足跡は
振り返ると消えていた
夕凪にそっと別れを告げ
秋の夜風を待っている夏のおわり

寄せては返す波に乗せた
大切な思い出は何処へ行くのか
西の空には群れをなしたウミネコが飛んでいた
鳴き声が響いてた

静かに、静かに変わる 何処かに、何処かに消える
優雅に、優雅に泳ぐ 短い夏が終わってく

静かに、静かに変わる 何処かに、何処か帰る
優雅に、優雅に泳ぐ 短い夏が終わってく

静かに、静かに変わる 何処かに、何処かに消える
優雅に、優雅に泳ぐ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加