my diary

アーティスト神谷浩史
作詞鳥海雄介
作曲斎藤悠弥
やさしい日射しが 窓をたたいて
新しい季節が 来たと気づいた
隣でまどろむ 君の寝顔は
迷いのかけらも 見つからないね

背のびして 焦るたび つまずいたから
君のような 自然さに 教えられる

イメージに染まらない くじけない 流されない自分でいたい
もう うわついたりしない
ページを飛ばすのをやめよう 1ページずつ読めばいいのさ
そう 毎日つづく物語を

一緒に歩いた 仲間がいるよ
もう二度と逢えない 仲間もいるよ
あの頃 過ごした 輝く時は
お守りのように 胸で光ってる

傷つけて 傷ついて 気づいたことは
僕たちは どこまでも 旅の途中

振り向けば今まで来た道 こんなに遠く歩いたのか
まだ さまよってるけれど
たくさんの誰かの支えで あきらめずに進んでこれた
もう 逃げたりしない 僕自身に

それぞれのペースでいいのさ 裏切れない夢があるなら
そっと 育てて行きたい
自分が歩いて行くことで 誰かの支えになれるなら
もう 迷いはないさ 歩くことに

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加