僕の唄はサヨナラだけ

アーティスト吉田拓郎
作詞吉田拓郎
作曲吉田拓郎
君が僕をキライになったわけは
真実味がなかったって言う事なのか
そんなに冷たく君の愛を
おきざりにしたなんて僕には思えない
だけどもうやめよう
髪の毛を切っても何ひとつ変わらないよ
そんな僕ガンコ者

遊び上手は誰かさんのもの
どんなに僕が君を欲しかったとしても
言葉がなければ信じない人さ
言えないことは勇気のないことかい
だからもうやめよう
静かな店も僕は好きなんだ
キライだよネ君は

信じる事だけが
愛のあかしだなんて
借りてきた言葉は返しなよ

突き刺す様な雨よ降れ
心の中まで洗い流せ
忘れる事はたやすくても
痛みを今は受けとめていたい

せめてこの町に
恋を知ってる雨よ降れ
なぐさめの前に

やさしい唄が町をうるおし
君までつつんで運び去ってしまう
別れの時は僕が唄う時
僕の言葉は君へのサヨナラ
それが今の僕だから
君はキライになっちまったんだよネ
淋しさはウソだネ

二人でどこへ行っても
一人と一人じゃないか
触れ合いは言葉だと□ぐせだネ

肩をよせて歩く事にも
疲れたんだよ僕は何となく
誰かに会ったらこう言ってやれよ
あの人愛をワカらない人ネ
それでサヨナラさ
想い出話が一つふえたネ
今度こそサヨナラ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加