太陽の町から

アーティスト瀬戸朝香
作詞上田知華
作曲上田知華
街中の灯りが きれいに見える夜は
どこか遠い 電車の音を聞く
もうきっと今頃 疲れて眠ったよね
離れてても いちばん近い人

太陽の降り注ぐ
坂道のその町で
わけもなく笑った日を思い出すたび

ずいぶんと泣いては 電話かけたあの頃
少し強くなれたよ今は・・・

ここへ来て間もない 不安だらけのあの日
長い手紙 ほんとにありがとう

手を触れることもなく
そばにいる それだけで
冷えていた心が
いつだって溶け出す

優しくて強くて どんなに会えなくても
見つめていて ずっとそのまま・・・
そのまま・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加