ポルカ

アーティストジルバ
作詞ジルバ
作曲ジルバ
歌を歌うのが得意な
あの鳥が声殺した
2丁目の路地裏で
姿隠し縮こまった

朝日を呼ぶのが得意で
シスターのように今日も
Dメジャーの旋律で
歌を奏でるはずだった

マゼンタに染まる頬が
汚れた空気に馴染んだ
曇った眼差しの奥で
諦めたように笑った
アイツに届くはずだった
Dメジャーの旋律が
Bマイナーのポルカに
悲しく変わる

灰色の空が繰り返す夜 恐れた
当たり前のような朝 恋しくて
耳にしたはずのホトトギスの泣き声が
いつからか 涙になる

君がわからなくなった
僕がわからなくなった
Bマイナーの旋律を
口笛吹いた

超音波より速く
電磁波より激しく
声にならない歌が
深く脳裏に染み込んだ
アイツに届くはずだった
Dメジャーの旋律が
Bマイナーのポルカに
鋭く変わる

藍色の朝焼けを待ち侘び、飛び出した
砂嵐が告げる終わり、恐れ
耳にしたはずのホトトギスの泣き声が
逞しく 胸に宿る

青い星は今日明日も
軌道を逸れないと信じ
Bマイナーのポルカを
口笛吹いた

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加