もみの木

アーティスト吉田美奈子
作詞吉田美奈子
作曲塩谷哲
樹木の軋む真冬の静けさに急がされて
雪に残す足跡 辿り着く先そこは
季節外れの花の咲くあたたかな部屋だと
願う様に見つめている 12月の夜だから
窓を遥か瞬く星座の生まれた頃から
幾千もの祈りが込められている

変わり行く時の中で心を通わせ合い
夢の様な電飾に酔う12月の夜だけど
瞳を閉じても消えない光を湛えた星を
僕はひとつ飾ろう もみの木へと

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加