あの子は珍しかったのさ

アーティスト憂歌団
作詞芹沢類, 康珍化
作曲内田勘太郎
あの子は珍しかったのさ
ザラザラの俺の手が
おいらは虜になったのさ
スベスベの白い肌

みんな捨てるとあの子は言った
なんでもするとおいら誓った

朝も昼も夜も抱き合った

失くしたものは
なにもないけど
ブルースをとめてくれ

あの子は珍しかったのさ
空っぽのこの部屋が
おとぎの国にでも来たように
ピカピカに見えたのさ

シルクのシャツが欲しいと言った
おいらは裸でいたかったのさ

朝も昼も夜も抱き合った

失くしたものは
なにもないけど
ブルースをとめてくれ

でかい車の窓から
手を振って泣いていた
恋の天使にからかわれたよ
Hey 夢を見たのさ

朝も昼も夜も抱き合った

失くしたものは
なにもないけど
ブルースをとめてくれ
ブルースをとめてくれ
ブルースをとめてくれ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加