かぎりのつき、きみにつむぐ。

アーティストSuG
作詞武瑠
作曲YUJI
無色に線を描く 力なき感情の糸
限りの月の夜に ねぇ伝えたい 「ごめんね」

伸びた髪が揺れて 頬撫でる 時を刻む針が 憎い

嘘つきなぼくらなのに真実を求め喚く
女々しくていい 結末を変えておくれよ
そう 還りたい華奢な君の その体に心に深く溺れさせて
もう一度 声を聴かせて 僕を汚してくれ
無秩序の愛でいい ざわめき揺れる感情を欠落したい。

骨が擦れる音を愛と呼ぶ 肉を咥える音を愛と呼べる?
罪悪感とくちづけ交わして 苦い蜜を吸い続ける
雪 街 風 に唄う

まだ不慣れな笑い方も 君が教えてくれたんだ
僕が想う 真実の声を 紡ぐ

らら おなじそらのしたで らら ちがういろのつきを、、、。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加