百年後

アーティスト柴咲コウ
作詞柴咲コウ
作曲崎谷健次郎
消えかけた 蛍光灯
うつむいて歩くきみ
くたびれたアパートに向く
後ろ姿を追う

傾いたトタン屋根
パタパタと音たてる
泣きべその私の頭を撫でる

きみの謝りの一言
聞いたとき ハッとした
例えば10年後にもし
2人がこのまま

お互いを敬えず
気遣えなくなるなら
美しいまま「過去」にしたほうがいい

時が経ち 歳をとり
憧れも薄れ去り
若かりし頃の思い出
少しずつ忘れる

そんな日が訪れることに
怯え震える
私を静かに見据え つぶやく

きみのまっすぐな一言
聞いたときに気づいた
こんな私をなだめてくれるのは
きみだけ

長くない一生の中で得た
喜びのきみ
離れること それは
生きていないと同じこと

百年後 この世にはいなくとも
お互いを 想い合い
できた 幸せの輪が
新しい命の中に宿る

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加