流星

アーティスト熊木杏里
作詞熊木杏里
作曲熊木杏里
もしも赤が好きな色なら国中に赤いバラを咲かそう
誰が君のことを黄色の花だよと決めかかっても

偶然だって運命の 砦の中にひそんでいる
失うことに慣れてしまった 暗がりもあったけど

流星に飛び乗って 無重力の旅に出ようよ
過去に手をふって
街中が宝石に変わってゆく
見たことのない明日がやってくる

子供たちがいつか大人になったとき打ち明けてあげよう
誰と出会うために生まれて来たのかが今はわかるから

どんな高価な指輪より 確かなもので結ばれてる
笑顔に会える朝が一番 最高の贈り物

虹だって道だって 夢と歩こう
五十年後も同じ空を見て
喜びも悲しみも同じ色に 塗りかえてゆこう
ぼくたちふたりから

いつだって冒険の途中だから
名もない風のように生きてゆこう

流星に飛び乗って 無重力の旅に出ようよ
過去に手をふって
喜びも悲しみも同じ色に 塗りかえてゆこう
ぼくたちふたりから

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加