ブルーフィルム

アーティストcali≠gari
作詞桜井青
作曲桜井青
みんな青春が死んで大人に落ちていっちゃったあの日。
あぁ、僕はただ、誰かの体温と同じになりたかったんです。

空気が薄い映画館が良くて、誰かに「大好きだよ。」って
言って欲しくて、どんな手でもギュッて握ってみたよ。
全部、疑手だったんですけどね。

みんな青春が死んで大人に落ちていっちゃったあの日。
あぁ、僕はただ、誰かの体温と同じになりたかったんです。

古いベッドと黄ばんだシーツで、名も知らない嘘と抱き合いながら、
今日だけは1人で落ちてみます。
だって、朝日は昇るから。

カタカタと音を立てて 映写機は回ります。
色褪せた青い場面、スクリーンに映します。

もつれ合う弱い声は ちっぽけな強さになり、
凍てついた僕の時間、温かい胸の中で壊すでしょう。

幾つもの高い壁と幾つもの深い傷に、言葉もなく打ちのめされて、
それでも歩くのなら-。

カタカタと音をたてて 映写機は回ります。
色褪せた青い場面、スクリーンに映します。

何気ない優しさは ぼんやりと腰を下ろし、
こわばった僕の心、張りつめた糸も切らし-。

「誰の為じゃない 自分の為に、みっともないくらい 泣くのもいいさ。」
誰かの体を散歩します。夜明けまで散歩します。

もつれ合う弱い声は ちっぽけな強さになり、
凍てついた僕の時間、温かい胸の中で壊すでしょう。

-行き場もない 僕に告げた ブルーフィルム。

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加