朝顔のように

アーティストMEGARYU
作詞MEGARYU
作曲MEGARYU
次の休みにはどこ行こう? 手を繋いで話していた
夕暮れの空眺めながら 隣で君は笑ってた

あの年の夏は今も終わらない 時の流れに逆らう思い
季節が過ぎたことさえ知らない 枯れない朝顔のように
心からいつまでも消えない あの頃には戻れないのに
日が暮れても咲き続ける はかない朝顔のように

二人で出掛けた 近所の夏祭り ツレに出会い 冷やかされては追い払い
人ごみに紛れ 初めて繋いだ あの手のぬくもり忘れない
道端の金魚すくい 君は無邪気に 楽しんでいたね
赤色の水風船 君はふざけて 僕に当ててきたね

あの年の夏は今も終わらない 時の流れに逆らう思い
季節が過ぎたことさえ知らない 枯れない朝顔のように
心からいつまでも消えない あの頃には戻れないのに
日が暮れても咲き続ける はかない朝顔のように

寝苦しい夜を抜け出した二人はビーチサンダルに履き替えた
真夏の海岸を体感するため 出発 車走らせた
絶対着くまで寝ないって断言 意外にあっさり寝顔で断念
潮の香りに目覚めた君の前に広がる海岸線
朝焼けが 姿現す 波の音だけが 心地よく 聞こえだす
穏やかにゆっくりと流れる時間や空間がそこにある
潮風に吹かれる髪をかき上げて はしゃぐ君を見てた
まるでドラマの1シーンみたい ずっと永遠な気がしてた

あの年の夏は今も終わらない 時の流れに逆らう思い
季節が過ぎたことさえ知らない 枯れない朝顔のように
心からいつまでも消えない あの頃には戻れないのに
日が暮れても咲き続ける はかない朝顔のように

真っ黒に日焼けした肌 それ以上胸焦がしていたから
何度も同じ夏を思い出す
二人の名前書いた砂浜 波打ち際で消えて行くさま
今も心に刻まれているよ
秋になれば照りつける太陽もひとまず 役目を果たす
月日が流れれば必ず 四季も移りゆくはず
それは定め なのに記憶の中で 君を探すあの日のままで
満開の淡い恋の花を咲かせた いつかのsummer day

あの年の夏は今も終わらない 時の流れに逆らう思い
季節が過ぎたことさえ知らない 枯れない朝顔のように
心からいつまでも消えない あの頃には戻れないのに
日が暮れても 咲き続ける はかない朝顔

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加