この孤独な景色を与えたまえ

アーティスト清春
作詞清春
作曲清春
目の前は蜃気楼、虹がかかって大きな光で吸い込まれる
これまでに僕が知った愛は何処へ消えてくの?

鳥達とサフアイアの大空 頬につたう 涙

眠れ、心閉じて逢う日まで夢で見た
この孤独な景色を僕に与えたまえ
君とここで別れ逢う日まで僕はこのままで
この孤独な景色を眺めるだろう

風がやんだ後に花が開いたよ
見届けたら心残りは消えた

舟に乗って病む事の無い君を空に願い、さあ
眠れ、心閉じて、また出逢う日があろならね
この孤独な景色を僕に与えたまえ
君とここで愛は永遠だって誓ったね
あの綺麗な君の白いドレスを覚えてる

深く心閉じて、逢う日まで僕はこのままで
この孤独な景色を君が見ない様に
ここで終わりの来る筈のない日々を歩いたね
あの平和な愛をどうぞ奪いたまえ

君と書いた夢は太陽の欠片
この孤独の全てを僕に与えたまえ
太陽は今日も影を選んで
あの綺麗な君の白いドレスが浮かんでる

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加