眩暈坂 (Live Ver.)

アーティスト陰陽座
作詞瞬火
作曲瞬火
欝瀬身に光は照りつけ
懊悩の果ての業曝し

廻りだした意識の聲は
遠く冥い澱の底から

残念、観念の幻想

射干玉の夜の乱れ髪
眦の奥の惑わかし

廻りだした意識の聲は
遠く冥い澱の底から

残念、観念の幻想

「産の上にて身まかりたし女、
其の執心、此のものとなれり
其のかたち、腰より下は血にそみて、
其の声、をばれう、をばれうと
鳴くと申しならはせり」

駄螺だらだらだら・・・だらだらと
眩暈坂は続いてゆく

「うふふ。あそびましょう」
「朦朧と煙る視界の中で
少女の白い脛は朱に染まり
私の耳元で、淫らに・・・
私は畏れた。
私は走った。
ざわざわと鳴る漆黒の闇を・・・
狂っているのは 少女なのか
或いはこの私であるのか」

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加