陰陽師 (Live Ver.)

アーティスト陰陽座
作詞黒猫
作曲黒猫, 瞬火
「東海の神、名は阿明
西海の神、名は祝良
南海の神、名は巨乗
北海の神、名は禺強
四海の大神、全知全霊の力を持ち
百鬼を避け、凶災を蕩う
我、常に月将を以て占時に加へ、
日辰陰陽を見る者なり」

荒ぶる森羅の魔物達よ
羅ごの夜に目覚めん
掲げる桔梗の星の上に
開かる光と陰の門

闇より出でたる魔性を祓い去る
光放つ十二神将
我が足に集い呪詛を込めて飛べ
此の世の和を結ばんが為

光は闇を裂き 風は雲を散らす
万象の力よこの両手の力と変れ

渦巻く暗雲天を殺し
現る凶事のうなりか
地獄に這いずる蟲の如く
のたうつ哀れなる怨霊

舞い踊る邪気に朱の霊符を放ち
冥土送りの唄を唄う
戦慄く魔魅達を喰らう式神ども
骨を食み血肉を啜れよ

光は闇を裂き 風は雲を散らす
万象の力よこの両手の力と変れ

「今は昔、京の都に
人ならぬ力を操る者有り。
古井戸より冥界へと行き来し、
死者と語り物怪とたわむる。
数多の式神を使役し、
満月の夜には魔物に跨がり
天を駆けたという。
其の者を人は、陰陽師と呼ぶ。」

闇夜に綾なす魑魅魍魎の群れ
冥府の藻屑と引き裂かん
轟く雷鳴その叫びの果てに
紅蓮の火を上げる地獄へ

還れ魔の民よ二度と目覚めぬ様
結んだ印に情けを込め
鎮まる魂 黄泉の底で眠れ
哀れなる性を忘れ去り

光は闇を裂き 風は雲を散らす
万象の力よこの両手の力と変れ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加