蛟龍の巫女 (Live Ver.)

アーティスト陰陽座
作詞瞬火
作曲黒猫
嗚呼 渾てを 愁いて 天へ昇り行く
龍の面影は 彼の蛟龍の儘
微笑みに宿した 引き留む想いを
掻き消す雨風 躊躇いは偽薬

幽遠の裁きの下に
滅び逝く我らを 救う者

永久に行き帰す 人の過ちの湖
贖 其れすらも 被せて
殉ふ 浄潔は 責めて 餞の印
纏いし 巫の衣を 染める 光よ

褪すまで 守り継ぐ 回生の綱を
幣える寸余に 解き放つ 任を
我が旨に窶した 人々の虚礼
万古の泉が 懈怠を暴く

悠遠の堕胎の如き
驕り呉る我らを 燃やせ

永久に行き帰す 人の過ちの湖
贖 其れすらも 被せて
殉ふ 浄潔は 責めて 餞の印
纏いし 巫の衣を 染める 光よ

優婉の焔の如く
滅び逝く我らを 灰にして

永久に行き帰す 人の過ちの湖
贖 其れすらも 被せて
殉ふ 浄潔)は 責めて 餞の印
纏いし 巫の衣が 朱に 染まりて

天を仰げ 満ちる 粛清の威光
崇めし 鈍は 狂りて
唱う 救済など 渾て 砂上の桜
寄り臥せ
此の星を喰らい 廻る 生命よ

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加