暁闇に赤虹の弓を引け

アーティスト平勝真 (CV:関智一)
作詞田久保真見
作曲影山ヒロノブ
何が出来るだろう 空虚な日々よ
闇の夜の錦と 成り果てたようで

何故いつだって 前を見て
微笑うお前の 健気さは
蒲公英の花 闇にさえも 咲くよ

赤虹の 弓を引いて
心の迷い 討ち抜くのさ
今 暁が胸に迫る
お前こそ 俺が守る夢・・・

お前のその素肌 飾れるのなら
色褪せた錦に 輝きが戻る

ただ誘われ 決められた
道をゆくのを やめたとき
蒲公英の花 腕の中で咲くよ

赤虹の 弓を引けば
閃光の矢が 闇を砕く
今 暁が目覚めさせる
お前こそ 俺が生きる意味・・・

・・・誰よりも そばにいたい
お前と共に 生きてゆこう
ああ 赤虹よ明日へ続け
架け橋を 二人で渡ろう・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加