北斗七星の一夜

アーティスト生稲晃子
作詞原真弓
作曲井上ヨシマサ
右の肩ごし 月が登るの
高原行きの 青い列車
あなたを待つの 駅へと向かう
胸騒ぐ一人旅
信じたいこと また増える

夏をひとつ・・・愛をひとつ・・・
夢をひとつ欲しい

笑いとばして ささいなことに
傷つきがちな 駄目な心
あなただけに 叱られたい
やさしさに素直なら
わかりあえると 今 思う

あなたが星を撒く
闇夜も 私を導くの
だから夏をひとつ・・・
愛をひとつあげる
しまい込んだ鍵で開けた
恋は未知の扉

右の肩ごし 月を見たなら
いいことあると 昔聞いた

夏をひとつ・・・愛をひとつ・・・
夢をひとつ欲しい

夏をひとつ・・・愛をひとつ・・・
夢をひとつあげる
あげる・・・あげる・・・
ひとつ・・・あげる・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加