Jealousy In The Night

アーティスト生稲晃子
作詞吉元由美
作曲影家淳
ラム酒を注いだ 写真の笑顔が
紫色 炎の色 Chili Chili ゆがむ
目撃したのよ もう責めないけど
助手席には あの娘がいた
週末のmidtown

傷口に 触れあう 言葉のナイフ
ひとりの手のひらで 淋しく光ってる

逢いたい(嘘だと)逢わない(言ってよ)
心が痛い(call me call me soon)
涙の(今なら)火の粉が(間に合う)
夜空で踊る

真夜中の電話 切れずにいた頃
ふたり とても 優しかった
泣きたいくらい

人の心はなぜ 変わってゆくの?
運命恨んでも あなたは帰らない

逢いたい(さよなら)逢えない(ごめんね)
素肌を抱いて(hold me hold me tight)
悲しい(私を)ジャラシー(見つけて)
燃え尽きるまで

逢いたい(嘘だと)逢わない(言ってよ)
心が痛い(call me call me soon)
悲しい(私を)ジャラシー(見つけて)
燃え尽きるまで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加