ハルカカナタ

アーティストNo Regret Life
作詞Kazusou Oda
作曲Kazusou Oda
もしかしたら僕は 終わりなどないレースの果てに向かって
上がりきった体温 冷ますことすら忘れて駆け抜けていくんだろう

夜空を這う星屑が またどこかで 今 砕け散った

正しさって何だい? 都合いいこと 多すぎてわかんないよ
呼吸を止めたら 息苦しくって やっと生きていることを知る

壊れた時計じゃ 時を止められはしないよ
名前もない星さえ 光を放っているように また人知れず 高鳴る鼓動

捨てられない想いがまだあるから 悲しみさえ連れていくよ
まるであの夜空の星屑のよう この身が燃え尽きるまで

はじまりはいつも 唐突だった そして終わりさえきっと
気付いたらどうだい? 僕の毎日にリハーサルなんてないってこと

届けなくちゃ この暗闇を切り裂いて
振り向くな それでいい 夢はやがて覚えてしまう さあ、迷わず君の元へ

どこまで行けるかなんてわからなくて 胸焦がす想いは止まらないよ
カケラは静かに降り注ぐのだろう その笑顔に触れるまで

才能はいらないや 目指す場所は 遥か彼方の「君」以外 知らないよ

捨てられない想いがまだあるから 悲しみさえ連れていくよ
まるであの夜空の星屑のよう この身が燃え尽きるまで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加