夏の光

アーティストeastern youth
作詞吉野寿
作曲吉野寿
背中を丸めて奴は駅前で
週末の街の風景に溶けている
手に入らぬものなら多くある
甘い夢は逃げてゆく
興醒め顔が見送っている

花のように
着飾った男や女が過ぎてゆく
今、あまりにそれ等は遠過ぎて
麻痺した心に風だけが
生きている事実を告げている

歌うように、微笑むように
静かに凍りついてゆく夏の光

イントロが鳴りだしそうな雲行きだ
夕刻に嗚咽のような鐘の音だ
ふと、泣き顔と笑い顔は入り交じる
いつもの見慣れた街角が
知らない何処かに見えてくる

終わりの始まりのような
黄ばんだ雲が光っている
手厚い祝福のように
悪魔の囁きのように

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加