夏の花火

アーティストジェット機
作詞宮田ジェット
作曲野田ジェット
熱い夏の色に染まる 海を眺めながら
焼けた砂の上を歩けば 溢れ出すあのメロディー
波打ち際 潤んだ 君の顔が消えて行く

誰のことも信じてない 君は透き通ってた
そんな君の 瞳の奥に あの日 僕は見つけた
説明 出来ないこと 言葉に出来ない想いを

夏の夜空に光る 夏の終わりをつげる
あの雲を 突き抜けて 連れて行ってくれ
歓びと悲しみの 情熱も刹那さが この胸の中 響いて

鳴呼・・・・・・

夏の夜空に光る 夏の終わりをつげる
あの雲を 突き抜けて 連れて行ってくれ
歓びも悲しみも 情熱も刹那さも この胸の中明日へ

鳴呼・・・・・・夏の花火

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加