最後の頁

アーティスト山口百恵
作詞さだまさし
作曲さだまさし
慣れない煙草にむせたと
涙を胡麻化し乍ら
ちゃんとお別れが言えるなんて
君は大人になったね

不思議なもんだね二人
上り坂はゆっくりで
下りる速さときたらまるで
ジェット・コースターみたいだ

君が「サヨナラ」とマッチの軸で
テーブルに書いたらくがき
僕がはじから火をともせば
ほら「サヨナラ」が燃えてきれいだ

前から判ってた事だと
君はそんな振りをして
冷静に過ごそうとしてる
最後の思いやり

不思議なもんだね二人
もう何年か過ぎたら
全く違うレールをきっと
走っているのだろうね

もしも僕達のこのあらすじが
鉛筆書きだったなら
もう一度位ならおそらく
ホラ書き直せたかもしれない

君が「サヨナラ」とマッチの軸で
テーブルに書いたらくがき
僕がはじから火をともせば
ほら「サヨナラ」が燃えてきれいだ

ルルル・・・・・・・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加