伊豆の渡り鳥

アーティスト鏡五郎
作詞木下龍太郎
作曲滝升
縞の合羽に 振り分け荷物
時雨凌ぎの 三度笠
生まれ在所の 修善寺避けて
天城鴉は 脇道三里
わざと伊豆路を
わざと伊豆路を 遠まわり

湯の香湯ヶ縞 打たせ湯浴びて
洗い流そか 逆転ぐせ
いまもまつやら 峠の茶屋で
天城椿は 別れた女を
想い出させる
想い出させる 紅化粧

河津七滝 流れる水は
先を急いで 相模灘
義理があっての 下田じゃないが
天城時雨が 追い付く前に
せめて着きたい
せめて着きたい 渡り鳥

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加