天草の女 ~天草小唄入り~

アーティスト原田悠里
作詞たきのえいじ
作曲弦哲也
船が出る度 泣きじゃくる
女は昔は いたとか聞いた
不知火舞台に 漁火が
追って行けよと 云うけれど
天草捨てて 生きれない
あなた急いで ドラが鳴る

「あんた 今 どうしとると
忘れたことなんか 一度もなかったよ
海を見てると あんたが好きだった
この歌を いつも 思い出すとよ」

波に揺られて 不知火消えりゃ
朝日ほのぼの 有明そめる

「逢いたかー」

嬉しかったわ この私
誰より優しい あなたに逢えて
半年一年 過ぎたなら
どこか知らない 消し印の
葉書でいいの それだけで
せめて一言 あるだけで

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加