適当に透明な世界

アーティストsuzumoku
作詞suzumoku
作曲suzumoku
昨日コンビニで買った透明な傘と 残り僅かな小銭を連れて
憂鬱に包まれた普通列車に揺られ 二人とも知らない駅で降りてみたのさ

不意に流れた君の透明な涙 それを見つめていた僕はとても冷静で
君は小さなハンカチでそれを拭うと 屈託のない笑顔を見せようとしたのさ

「海が近い」とはしゃいで適当に歩く 程なくて聞えた心地良い音
ふらふら過ぎる時間がひたすら愛おしくて 僕らはただ・・・

消波ブロックの前で透明な二人 冷たくなった風に吹かれながら
くだらない話ばかりを交わしたけれど 君の不意打ちな涙は相変わらずで

日が落ちた広い海が透明で綺麗 遠くに揺れる夜景もとても綺麗
猫背のままの二人は今にも消えそうで 頬を摩る潮騒を確かめたのさ

影をなくしたままで適当に歌う 帰り道に響いた心地良い音
リズムを刻む時間がひたすら愛おしくて 僕らはただ・・・

つまづきながらそれでも適当に笑う 帰り道なんかなくなりゃいいのに
確かにある存在がひたすら愛おしくて 僕らはただ ただ ただ幸せで
余りにも美しくて適当な夜が いつまでも続けと願いながらも
やがて訪れる明日を心のどこかで 僕はただ・・・ 君もただ・・・

昨日コンビニで買った透明な傘で 君を見送った僕も不意に泣いたのさ
この日の事をとにかく忘れたくなくて 泣きながらこの歌を作ってみたのさ
適当に透明な世界の中で・・・

50音・ABC検索


  • このエントリーをはてなブックマークに追加